垂れ幕、カッティングシート文字TOPへ  垂れ幕・横断幕取付けについて
垂れ幕おまかせネット
■垂れ幕を設置するには
お見積ですか、では
どんな垂れ幕
・横断幕
すでに原稿がある
長期使用垂れ幕
短期使用垂れ幕
垂れ幕の印刷
布地ふう垂れ幕
ターポリン垂れ幕とは
大型垂れ幕・横断幕
垂れ幕取付け
垂れ幕 Q&A
見積もり依頼の注意
ご注文の流れ
 
お客様からの問合せで
多い件
いくら、値段が知りたい

いつでき上がって届く
 
私達が気になる多い点
何の垂れ幕ですか

どのように使われますか
または、
どこに取りつけますか

 

横断幕の取付解説図


1.今ついている幕を取り替えたい

現在ついている垂れ幕・横断幕は、昇降機やワイヤーの幅、高さに合わせて作られているはずです。
従いまして、現在ついている垂れ幕・横断幕と同じ寸法、仕様 (ハト目の数と位置、木を通す筒縫いの有無、ロープの長さ) で製作すれば良いという事のなります。


2.新たに幕を付けたい
垂れ幕・横断幕をつけるためのロープをむすびつける場所があるかを確認しましょう。
フェンスや柵があれば、その寸法からつける幕のサイズを決定します。幕は引っ
ぱりぎみにピンとはって取り付けるので、サイズは少し小さめに作りましょう。
※ロープをむすびつける場所がない場合は、取付金具やパイプまたは、アンカ
ー工事など事前につけてもらう必要があります。

垂れ幕・横断幕は、屋外で張りっぱなしで掲示使用後は、巻取ってすぐに元の状態に戻せるので、看板よりは、後処理の手間が簡単。

 

 

■上下筒縫い
縦に長い、懸垂幕などに張りを持たせるため、上下に木等を通すための「筒状の穴」する縫製加工
大型垂れ幕でも建設中のビル足場ネット取り付ける場合に安定やピンと張りを持たせるために加工することもあります。


※お取扱い注意事項
・取付時には、ゆるんでたるんだり、風であおられてバタついたりしないように
 ヒモで引っぱりぎみに取り付けましょう。

・台風時や風が強いときは、風であおられて横断幕が破れる恐れがあるので
 巻取ってしまいましょう

・安全上もですが景観上も「カッコ悪い」事になり印象も悪くなります。

※寒冷時は、生地が硬化します。生地がかためになり、ごわつきぎみになります。
 
 
 
 
| 垂れ幕 | カッティングシート文字 | 色見本 | ご注文の流れ | | | E-MAIL | 配送状況 | ポリシー | コサインについて| お問合せ |
Copyright (c) 2007 COSIGN. All Rights Reserved.